離婚の基礎知識

審判離婚

離婚調停が不成立になった場合、一般的には裁判訴訟を起こすことになりますが、裁判所の判断で「審判」という手続きになることも可能です。

審判は、調停を担当した調停委員から意見を聞いたり、家庭裁判所調査官が事実関係を調べるうえで「離婚すべきである」と判断した場合、裁判所が離婚を言い渡します。これを「調停代わる審判」といいます。

審判では、夫婦で話し合いをすることはなく、離婚の合意も必要ありません。家庭裁判所の判断で離婚を言い渡します。

審判で離婚を言い渡された場合、2週間以内に不服申し立てをしなければ「審判離婚」が成立します。ただし、不服申立てをすると、審判の効力は失われてしまいます。そのため、審判離婚が成立することは少数です。

審判離婚が成立したら、10日以内に離婚届を市区町村役場に提出します。この際には「審判書の謄本」と「確定証明書」が必要になります。

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

▲ページの先頭

お見積もり・お問い合わせ

企業・法人様はこちらからどうぞ

浮気調査は依頼する探偵社によって結果が劇的に変わります。その訳はこちらをクリック

contents
離婚に関する豆知識
調査項目
探偵業に関する情報
企業情報

北海道女性探偵社 スマートフォンサイト
スマートフォンへアドレスを送信

北海道女性探偵社 携帯サイト
北海道女性探偵社 携帯サイト
QRコードを読み取ってください
http://www.o-praca.jp/mobile/

浮気川柳募集中

沖縄女性探偵社

北海道女性探偵社は
札幌商工会議所会員です。

札幌の探偵・浮気調査
札幌総合リサーチ

札幌の探偵調査員ブログ

札幌の探偵・浮気調査ブログ

Google+ で検索

お問い合わせはこちら

ご相談・お見積は無料です〈年中無休〉どんな些細なことでもかまいません、お気軽にご相談ください。無料相談ダイヤル0120-888-770 メール相談も無料!メールフォームはこちらをクリック